So-net無料ブログ作成

20〜30代の喫煙者、8割が「タバコをやめたい」(Business Media 誠)

 あなたはタバコをやめたいと思いますか? 20〜30代の喫煙者に聞いたところ、「やめたい」と答えたのは79%に達していることが、クラシエフーズの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 ただ内訳を見てみると、「すぐにでもやめたい」という人は19%にとどまり、60%の人は「いつかはやめたい」と考えているようだ。

 タバコをやめたいという人に、その理由を聞いたところ「体に良くないし、値上げもするから」といった健康面や経済的な理由が目立った。一方、やめたくないという人からは「気分転換になるから」「タバコはコミュニケーションツールだから」といった声が多く、タバコにメリットを感じている人も多いようだ。

 禁煙に挑戦したことがある人はどのくらいいるのだろうか。「挑戦したことがある」という人は49%。その回数を聞いたところ、平均は2.4回。禁煙していた期間は「1カ月以内」という人が56%で最も多かった。「いつかは禁煙したいと思っている人が多いものの、実際には『禁煙は難しい』という実態が分かった」(クラシエフーズ)

●タバコの本数を減らしたいと思っている人

 タバコをやめるのは難しいようだが、本数を減らしたいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。タバコの本数を「減らしたい」と答えた人は70%。その理由を聞いたところ、タバコをやめたい理由と同様に、健康面と経済的な理由を挙げる人がほとんど。

 また「今日はタバコを控えよう」と思う日がある、という人は50%。どのようなときに控えようと思っているのかを聞いたところ「昨日吸い過ぎたと思うとき」「風邪気味の日」など、健康が気になるときという声が多かった。このほか「非喫煙者と長時間過ごす日」「冠婚葬祭の日」といった、TPO に合わせて休煙日を作っている人もいるようだ。

 インターネットによる調査で、20〜39歳の喫煙者500人が回答した。調査期間は5月14日から5月17日まで。

【関連記事】
増税で、密売タバコが横行するかもしれない
タバコを吸う本数と年収の関係
パチンコ・パチスロをする人の喫煙率は?

卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
こち亀 曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
気象庁 市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。